びっくりしている女性

様々な治療

不眠症を改善する方法として挙げられるのが、病院に行って治療を行うということです。
病院で診察を受けることで、不眠症を改善するための薬を処方してもらう事ができます。患者の症状や不眠のタイプに合わせた薬があります。
薬は大きく分けて2種類あります。一つは脳の活動を沈静化させることで入眠を促すものです。もう一つが体内の睡眠と覚醒のリズムを正常化させて眠りを促すというものです。
様々な種類を組み合わせたり、様子を見て薬を変えたりするので、自分に合った飲み方を提案してもらうことが出来ます。

脳を鎮静化させる薬は、不安や緊張によって起きている不眠症を改善する事ができます。ベンゾジアゼピン系の睡眠薬や非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬によって鎮静化を図ります。
GABAという脳をリラックス状態にさせる成分があり、GABAを受容するGABA受容体に働きかけ、リラックスを促して睡眠へと誘導します。
眠りのリズムを整えるには、メラトニン受容体に働きかける必要があります。メラトニンは睡眠に深く関わる成分で、脳を含む全身を休息の状態にする事ができます。
生活リズムが乱れてよる眠れないという場合は、メラトニン受容体作動薬を服用することで眠りにつくことが出来ます。

服薬で不眠症を改善するという方法もありますが、患者自身が生活リズムを整える努力を行うことも非常に重要です。
薬で不眠症を改善しても、生活リズムの改善が伴っていなければ服薬をやめると再び不眠症が再発します。
薬を続けることで徐々に効き目が弱まってくるので、そうなる前に不眠症を改善出来る生活習慣を身に付けましょう。