びっくりしている女性

どんな症状があるか

眠れない日は誰にでもあるものです。その日のコンディションや生活リズムによって、入眠したい時に出来ないという一時的な不眠はあります。
そのような不眠が継続的に続く事が不眠症です。毎日布団に入ってもなかなか眠ることが出来ずにストレスの原因になってしまいます。
不眠症になってもほとんどの場合は自覚せずに、「体質だから」と済ませてしまいます。不眠症を自覚しなければ、改善をするという発想が生まれてきません。
不眠症を自覚することが改善の第一歩です。

日本人の40パーセントが不眠症の疑いがあります。半分近い日本人が不眠症の可能性があり、更にその内の70%が不眠という症状を自覚していません。
知らず知らずのうちに不眠に陥ります。睡眠時間が足りないと、昼間に会社で仕事をしている際に集中力が上がりません。その為非常に作業効率が悪く、ストレスが溜まります。
ストレスが溜まることでより不眠の症状が強くなって、夜に眠れなくなってしまいます。このような負のスパイラルを断ち切ることが改善に必要です。
また、不眠により何事にも取り組む気力が無くなってしまいます。やる気が無くなると、不眠症改善を行うモチベーションも湧かなくなってしまいます。
改善の為のモチベーションが湧かなければ、自分一人で改善する事ができません。医療機関などで診察を受けて改善を図るのが良いでしょう。
專門の医療機関に相談することで、より確実に効率よく改善する事ができます。